CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

わんろぐ☆BORDER LIFE

ボーダーコリーのアンジェラと管理人の
ハイパー親ばか成長日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |- pookmark
ジェラVsHONEY
巷では、いよいよお盆休みに突入。
主婦兼飼育係のワタシには盆も正月もなく、ジェラにも厳しいこの季節はおでかけの予定すらありません。
昨日は昨日で、すでに先週から盆休みに入った友人と「ベルセウス流星群を見に行う!」ってことで、ジェラを連れて信貴生駒スカイラインまで行ったのに、現地の料金所手前で空を見上げるとめっちゃ曇り。
流星群どころか、普段見える星さえも見えませんでした。
毎年この時期に流星群が見えるそうなので、また来年。
久々に阪奈道路を通りましたが、なぜだかとても嬉しかったです( ̄∇ ̄)ゞウキッ。







やっぱりレプリカタイプのバイク

が欲しい。








さて、それでは今日の本題にいっちゃいます。

物事には、ある一定の定義と言うか、科学的根拠に基づいた法則と言うか、マニュアルみたいなのがそれぞれありますよね。
これをジェラのしつけというものに、当てはめてみたんです。
そうすると、「ある程度のところまで」は、費やす時間の長さの差はあれど、なんとかなっちゃうものなんだなー、と。
これって、ジェラだけなのか、よそのワンコにも言えることなのか?
ジェラも「ある程度のところまで」は、なんとかなってきました。
でも、「それ以上」がなかなか難しいんです。


       昼間は暑くて外で遊べないジェラ。
       ひねもすジェラの足の裏はボーボー。




・これって個体差?
人間の学校でもありますよね、同じ授業を同じ時間受けていても、成績に差があったりしますから。
・それとも、ワタシの努力が足りないから成果が出ないの?
「ワタシは先生の指導どおりにやってる」つもりなだけで、実は出来てないから成果が出ないんでしょうか?

@@ちゃんはここまで出来るのに、うちの子は出来ない。
@@君が出来ないことを、うちの子は出来る。
同じ教室に同じ時期に入学して、同じ内容の授業で同じ回数を受講しても、差が出てくるのはなぜでしょうね?

人間の学習と同じで「習ったことを毎日復習する」ことが大事だということは分かっているので、これでもか!ってぐらい、毎日続けています。
これがワタシのいうところの「不毛な練習」です。
それでもジェラには、いまひとつ不出来なことがあります。
ジェラは、ワタシと足並みを揃えて「ヒール」で歩き続けることが出来ません。
例えば「ウェイト」だと、最初は10秒から初めて待たせる時間を少しずつ伸ばしていくというのが、一般的な方法だと思います。
それと同じように、足並みを揃えて3メートルから初めて、5メートル、10メートルといったかんじで距離を伸ばしていきたいのに、数秒でワタシよりも半馬身以上前に出てしまうんです。
1キロ、2キロ、そのまま歩けとは言いません。
せめて100メートルぐらいは・・・と思っています。
ワタシが「ヒール!」と声をかけたり、チョークでチェックを入れると、こっちをチラ見しながら歩くジェラは、サッと戻って来て横につきます。
そのことに対して「Good!」と褒めた途端、また前に出てしまう、の繰り返し。
声をかけた途端に前に出るって・・・「Good!」を「Go!」と聞き違えてる?
褒めることをしないでいると、何もかもが台無しになってしまうので、必ず大きな声で褒めています(←かなり恥ずかしい)
ジェラが褒められるような場面を作る、というのも大事なことだと思います。
褒めると目が合うので、「ジェラも褒められてるということを理解してるはず」と、ワタシが勘違いしてるだけなのでしょうか。
こんなことで蹴躓くと、自分が不甲斐無いからジェラを導くことが出来ないんだ、って思っちゃうんですよね。


        ジェラのバカっ面。
        ジェラが勘違いしてんだか、ワタシが勘違いしてんだか。




これって、もうずっと気になってたことなんです。
同じ状態をキープできないジェラ。
でもね、この話をとあるボーダー飼いさんにすると・・・
「ボーダーに完璧を求めるのは無理、そんな犬種じゃないですよ」「Come!で完璧に戻ってきて横に付かなくても、遠くに行かなければいいじゃないですか(笑)」
なるほど、そんなゆるゆるな基準を設けるのもいいかも、と思ってみたり。
遊んでいる時は、ジェラが興味のある方向へ行ききってしまう前に、呼び戻すようにしています。
これは確かに、それなりの効果がありました。
でも「ヒール」で足並みを揃えて歩けるということは、人ごみや街中、散歩などでとても有利だと思うんです。
リードさえピン!と張らなければいい、と基準をゆるくしてしまうのもひとつの手ですが、それじゃ今までやってきた練習はどうなの?とも思ってしまうわけで。

ワタシよりもジェラが前に出てしまった時、無言で立ち止まったり、チョークでチェックを入れると戻って来て横につくということは、ジェラは「あ、ヤバイ。戻らなくっちゃ」って気づいてるんですよね。
そこで「そうそう、これは正しい行動だよ、Good!」と褒めているのに、それがジェラに伝わってないってこと??
それとも、まったく勘違いしてる??
何とかどうにか「ある程度のところまで」やって来たのに・・・







ある程度のところで頭打ち・・・

クリックありがとうございます。
ボーダーコリーランキング
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


JUGEMテーマ:ペット
| しつけ | 23:55 | comments(0) | - |- pookmark
光が見えた日
ってゆうか、アレですよね(何がだ?)
春だなぁーと思っていたら、まだ4月なのにこの暑さは何なんでしょうね。


ワタシとジェラ、訳あって1対1のお付き合いを大事にしている今日この頃。
「ショートリード着きで他のワンコと遊ぶのがいい?」
「それとも、おかーさんとロングリードやフリーで遊ぶのと、どっちがいい?」
後者をジェラに選択させようとするなら、それなりの裏付けがないとジェラも選んで
くれなかったり、選んでも飽きてしまったりということになってしまいます。
そこで、です。
ジェラに選ばれるべく、飼い主のワタシはこのクソ暑い中を汗だくで走り回っております
が暑いです、脂肪が波打ちます。
(で、やっと冒頭の季節のネタに繋がるんですねー)


とにかく暑いの、汗だくなの。
ジェラとのジョグもオーエス!ごっこも、飼い主自ら動かないとジェラもそれなりに
しか動かないし、それなりの手ごたえしかないように思います。
寒冷地仕様のワタシは、この気温でも汗だくです。
顔面土砂崩れも時間の問題かと思われます。
ああ、今年もやってくるのね・・・






顔面土砂崩れの季節。






某S市の@@緑地公園に出かけて来ました。
近所にはロングリードでグルグル出来るような公園はなく、車で大きな芝生広場のある
公園まで行くことが多いジェラとワタシ。
散歩する公園まで、車で行かねばなんねぇとは、ある意味悲しい。

       どうです、この広さ。
       こんな芝生広場がいくつかあります。
       ワン友さんが南大阪に来たら、ぜひこの公園に
       連れて来たいです(*^o^*)




この緑地公園、とにかく広い!
大きな芝生広場が3〜4つ、橋だの池だの、グランドだの、公園内の道を一周するだけ
でも大変な距離だったりします。
ガキんちょが遊ぶ遊具を備えた公園も、緑地公園内にあったりするんです。
ただ難点を言うと、広すぎるところでしょうか。
駐車場もいくつかあるんですが、ハッキリ言ってわたくし・・・






何度か迷子になりました。







自分の車を止めた場所が分からない・・・駐車場にたどり着けない・・・
車がない・・・ここはどこじゃ・・・
そんなん有り得へんし( ̄∇ ̄*)



         平日は人もワンコも少ない公園。
         こんな時はロングリードでグルグル。
         広い公園にジェラがぽつーん。




この日と翌日、2日間それぞれ別の緑地公園で不毛な練習をした一人と一匹。
これまたアンポンタンな飼い主、あることに気づきました。
ロングリード着きで遊ぶわけですが、当然呼び戻しの練習もするんですよね。
過去に呼び戻しに失敗して、封印していたコマンド「Come」を復活してみたんです。
一度呼んでも来なかったら、リードを引っ張ってショックを与え再び「Come!」。

あらら、来ちゃうじゃないですか。
ね?こんなの当たり前だと思いますよね、でもジェラには当たり前のことでは
なかったんです。
ロングリードでショックを与えるというのは、物理的に無理があります。
何しろウチのロングリードは20メートル弱の長さ。
少々引っ張っても、ショックを与えるまではいきません。
そこで今までは、ある程度の長さになるまでリードを手繰り寄せ、自らもジェラの方へ
歩いて近寄って行っていました。

コレがいけないんじゃないですか、コレが。
「おかーさんを無視していても、おかーさんは自分から来てくれるもーん」
ジェラにそう思わせちゃってますよねコレ。
無理に20メートル近くあるリードを引っ張っても無駄、と決めつけていましたところも
悪いんです。
そんなことを考えながら、何度か繰り返してみたんですが、だんだん戻ってくる回数が
増えてきました。
違ったシチュエーションでも試してみたいと思います。
これはワタシと1対1で接してるというのも手伝ってるかも、です。
もしそばにワンコがいたら、なかなか戻って来ないだろうけど。
これはランでのノーリード時にも言えることだったんですよね。
こっちから迎えに行ってちゃ、呼び戻しにならないじゃん。
ロングリードで引っ張っても無駄だから…じゃなくて、それをロングリードでも適応
すればよかったんではないのかな?
オカシイですよね「Come」で呼び戻しといて、来ないからって自分からスタスタ歩いて
迎えに行って、当然ジェラを褒めないんだからジェラだって「Come」のコマンドが
嫌いになって悪循環はめぐりめぐるんだもん。
メリットないのに戻って来るわけないですから。

       水入れで遊ぶジェラ。
       「バウ!」



T氏の指導を受け出した頃、T氏が言ってたこと、なぜそんな指導方法を?と思ってたこと、なんだか今になって全てが繋がってきたような…。

ゆくゆくはコマンドを使って指導するのに、何故初めはコマンドなしで「どっちがメリットある?」を犬に選択させていたのか。
時間がかかっても根競べ状態、ひたすら無言で犬が好ましい行動を取るのを待つ。
偶然でも出来たら、その時だけは言葉を発して大げさなぐらい褒める。
時にはハードルを一番低くして、クリアさせる。
褒める言葉のみを発して、それ以外は何も言葉を発しない。
大きな声で褒めるのを忘れない。
だから、か?
今、ジェラがコマンドを聞くのはそのせいなんだ?
その長ーい前フリのおかげで、今につながってるのかも。
それプラス、おかーさんといると楽しい!を積み重ねると、他のワンコがいても
「おかーさんが絶対」ってジェラが思うようになるってこと?
これが「身をもって知る」ってやつ?(笑)







目からコンタクト。
(ウロコだってば)






まだお目にかかったことはありませんが、某ママさん。
彼女はオビやディスクやアジにと、ボーダーと共に大活躍しています。
以前彼女に言われたことを思い出しました。
「ラクしていい犬は出来ない!!」「手を抜いて育てたら、抜いたなりの犬になる」
ホントにそうかも知れないです。

        何でもない当たり前のことが出来そうなジェラ。
        たったこれだけのことが出来そうになるまで、
        何年かかっととんじゃーΣ( ̄□ ̄;)




いつも「不毛な練習」だと、嘆いたり諦めそうになったり。
でもこの2日間、ジェラと接してて思いました。






もしかしたら不毛じゃないかも。


JUGEMテーマ:ペット
| しつけ | 01:03 | comments(5) | - |- pookmark
新たな問題?
最近よく見かける飛行船。
わたくし、ついにその正体を確認しました。

       ジェラとお出かけした海辺で遭遇。
       船体に書かれた文字もハッキリくっきり。



この飛行船は(株)日本飛行船のもので、最新鋭の「ツェッペリンNT」号でした。
全長:75.1m/全幅:19.7m/全高:17.5mもあるそうです。
(ジャンボジェット機でも全長は約70m)
このツェッペリンNT、世界で3隻しかありません。
通常時速65〜80キロ(最高速度は125キロ程度)、高度約300〜600メートルを飛行
しているので、巨大な船体に取り付けられたスポンサー企業等の広告バナーもハッキリ
認識できます(アドバルーンみたく固定ではないところが売り?)
障害物のない海上上空などでは、高度150メートルでのフライトも可能とか。
各種クルーズがあるようですが・・・






エクスペンシブ。





ツェッペリンNTが飛ぶ空の下、先日開拓したヨットハーバーで不毛な練習を兼ねて
まったりな休日を過ごした一人と一匹と+α。

       久しぶりに見た太陽のせいでかなりの賑わい。
       家族連れやワンコ連れがいっぱい。




で、例によって例のごとく不毛な練習を始める一人と一匹。
もうほんとに不毛過ぎて不毛過ぎて、逆にどんどん凹んでいく飼い主。
バカらしいような、後ろめたいような・・・不安要素てんこ盛り。

        遠巻きにワンコが沢山居る中での練習です。
        ワンコ遊びではなく、ワタシと1対1なので
        ロングリード装着のジェラ。



なんとも形容し難い気分ですが、イヤだろうが情けなかろうが続けるしかない。
これまで費やした時間や労力やお金を考えると、それが惜しくて諦められません。
それよりもまず第一に、ここで諦めてしまったらそれで終わり。

ロングリード着きなので、他のワンコのところに行こうと思えば行けちゃったりします。
それでも行こうとしないジェラは、確かに成長してるってことなんでしょうね。

       「エヘッ♪」
       成長してるとこだけを見て、それをもっと先へ
       つなげていけばいいのか?なんて考えてみたり。




が、しかし・・・
先日のレッスンでT氏と「正の強化」「負の強化」について話したことを思い出しました。
専門的な勉強をしたT氏から言わせると、最近はこういう専門用語の解釈を勘違いして
いる人が多く見られると言っていました(詳しくはDOG@LUCK Blogをご覧下さい)
この日気づいたことは、解釈の違いとかではなかったんですけどね。
その専門用語の持つ本来の意味だけではなく、です。


例えばジェラとヒールで歩く。
数メートルも歩くと、だんだんジェラはワタシよりも半馬身ぐらい前に出てくる。
一歩でも前に出たら(出そうになる前に先読みして)チョークを入れるなり、
ターンをするなりして注意を促す、ということを続けてきました。
でも最近のジェラは、それだけこちらを意識してるのかどうか分かりませんが、
瞬時に察知してバックで戻ってきて、左定位置にピタッ!と付くんです。
ジェラの嫌いな音を出して、集中を促すこともあります。
または、ワタシが急に立ち止まって、リードがピン!と張った時点でジェラが振り向き、
手で誘導するとジェラはまた左定位置に付く・・・といったこともします。

でもね。
何で自分でさっさと定位置に戻って来るんでしょう?
戻って来るぐらいなら、初めっから半馬身も前に出なきゃいいと思うんですが。
犬は、自分にメリットのあることしかしないと教わりました。
ワタシの顔を見ながら(注意を払いながら)足並み揃えて歩けば、チョークを入れられ
ることもなく、急にターンされることもなく、ずっと歩いて行ける。
キョロキョロして、くんかくんかニオイを嗅ぎ、左右にフラフラ、リードをグイグイ
・・・それだと、その度にガツン!とくる。
もしくは座って目を合わせてコンタクトを取るまで、なぁーんにもアクションを起こして
もらえなかったりもする。


ジェラ、どっちがメリットあると思う?というのを犬自らに選択させてるのに、です。
(はなっから、ジェラの選択が一般の犬と違って、予想外だったら笑えるけど)


これって・・・もしかしてヤバくないですか?
自発的に好ましい行動を取らないでいるから、飼い主の望む行動をしてもらおうと
矯正という意味で指示を与える⇒それが出来たという事で褒める⇒褒められると嬉しい
⇒また半馬身前に出てもそれなりの指示があってから戻れば、また褒められる・・・と、
ジェラは勘違いしてないか??







これが陽性強化ってこと?







じゃあ、チョークやターンはどうなんでしょう?
ジェラ「チョークやターンで指示があったら戻ればいいわ」って思わないの?
ワタシの場合、そのチョークやターンなどのタイミングを逃してズレてることが多く、
すでにそういう形で指示をする前に、ジェラが目的を達成していることがあるので、
話はまた違って来るんでしょうか。
目的を達成する前と後じゃ、こちらの起こす行動の効果は違って来るとは思いますが。
じゃあ・・・







どうしましょう?







マジでヤバイ。
GW明けまでT氏のレッスンはないんですけど?(* ̄∇ ̄*)

       もしかして、間違った方向にいってる?
       ターンとチョークオンリーでいっとく?






 
        ロングリードで「わおーん!」
        飼い主の心配をよそに遊ぶジェラ。




ワタシと二人ならロングリードでグルグルもわおーん!もあり。
そこへよそのワンコが近づいて来たら、ロングリードは短く手に持たれます。
ランでもそうです、ワタシと二人だけの貸切状態ならフリーもあり。
でも、よそのワンコが来たらショートリードが装着されるジェラ。
つまり「飼い主と遊ぶなら、より楽しい時間が持たせてもらえるよ?」ということ。
これまた犬は、自分にメリットのあることしかしません。
それなら、どっとちがいーい?と犬に選択させるということです。
そのかわり、楽しい遊びを考えないと犬にも飽きられてしまいます。

        もっとオモチャというものを使ってみようかな。
        手を変え品を変え…とはこのことです。




夕方まで過ごした後は、またまたバルカヴェーラでティータイム。
コーヒーとチーズケーキを頂きましたが、食い終わったあとで写真はナシ。

        今回はテラスではなく、店内です。
        店内から外を見るとこんな感じ。





        慣れてきたジェラは、大人しく美味しいニオイだけを
        めいっぱい吸い込んでいました(^з^)




広ーい芝生、沢山の人、犬、車、スケボー、キックボード、ローラースケート、
一輪車、海のニオイ、いくつかの犬カフェ・・・
このヨットハーバー、不毛な練習の場に向いてるかも。

 
JUGEMテーマ:ペット
| しつけ | 23:57 | comments(4) | - |- pookmark
LESSON掘檻
この2週間のうち、3回も飛行船を見ました。
そうです、ヒンデングルグです(古すぎたか?)

「フ@フィルム」とか「アサヒスーパー@@イ」とか船体に書いてあって、
宣伝用?と思えるようなのを何度か見たことがあります。
今回見た飛行船に、何か書いてあったかどうかは確認できずでした。
ただ銀色、ってのだけは確認できましたが。

でね、いつも思うんですが・・・








あれってどこから飛ばすの?








離発着地点はどこで、目的は何なんでしょうね。









・・・で、今日はジェラのレッスンの日でした(鬱)

      レッスンの場であるGフィールズも桜が満開。
      平日なのにお弁当を開いてる人が沢山いました。



今日も家を出る前に、またまた前回に引き続きT氏からメールが来ました。

「ランに着いたら、中で自由に過ごしてて下さいね」…(* ̄∇ ̄*)

あのね、これって非常に・・・何と言いますか過ごしにくいです。
ボサッとしてる訳にもいかないし、遊んでる場合じゃないし、どこからチェックされて
るか分かんないし、です。
「この練習やっといて下さい」の方がまだマシ。
案の定、ワタシが確認できてなかっただけで、チェックされてましたけどね。



ワタシは、先週メリケンパークで起こったハプニングで凹みんぐ中でした。
「あれ?何でジェラがあんな遠くにいるんだろう??」
ってあなた・・・









ロングリード切れてますがな。








焦ってはいけない!!と、ジェラの気を引くような名詞を明るく元気に叫ぶものの、
目が合うにも関わらず遥か彼方、どんどん遠くに行ってしまうんです。
小道を挟んだ向こうの芝生広場まで、とんでもない距離を離れて行ってしまったジェラ。
結局、よその小型犬にワンコラ!されて近くまで来たので「ジェラ、お水は?」と言う
と戻って来たので捕獲。

       その時はこんな顔で戻って来ました。
       何事もなかったかのように「エヘッ♪」
       何が「エヘッ♪」だコラ。









そりゃ凹みます。








こんな時にアグロ君がいたら、とか思っちゃいましたねマジで。
いまだに呼び戻しが不確かなジェラ。
また1からコツコツとやっていくしかないわけで。
そんな凹みんぐなワタシに、新たな課題が満載・・・
誰もいない芝生広場と、誰もいないドッグランでのジェラに対するワタシの行動。
ワンコがいる芝生広場と、ワンコがいるドッグランでのジェラに対するワタシの行動。
そしてロングリードとショートリードの使い分け。
ケースバイケースのノーリードとジェラに対するワタシの行動。
多少オシリをクンクンされても我慢させることと、ジェラに対するワタシの行動。
あれ?書いていくと何だかややこしい。







T氏いわく、難しいことをしようと

しているのは間違いないそう

です。








ワタシも自覚してるんですけどね。
ボーダーだからとか、♀だからとか♂だからとか、何歳だからとか、そんなのはマイナスに考えた時に言い訳にしかならないということです。
ボーダーでも♀でも、飼い主さんから離れない子もいるし、若くてもハイテンションで
ウハウハしない子も実際いるわけだし。
犬種差、雌雄差、年齢差なんて出来ないと思ってること(しようとしなかったり、出来るようにしなかったり)の言い訳であるとT氏も言ってたりしますから。

うまくいかない時に「ボーダーだから」というのは、確かに言い訳に聞こえちゃいます。
うまくいった時にプラス思考で「ボーダーだから」と言って褒めると精神衛生上も
よろしいかと。

       帰宅後、自分のベッドで寝るジェラ。
       どこをどうしたらそんな格好になるんだ?



カフェトレだけは、何とかジェラも「こうしているものなんだ」と理解してるらしく、
今のところ合格。
以前のようにやたら暴れたり、座っていられなかったり、テーブルに手をかけて立ち
上がったりというのはナリを潜めています。
一難去ってまた一難・・・
名犬への道は遠く険しいものだ、課題が多いということは可能性がいっぱいなんだと
自分にいい聞かせて、また週末も不毛な練習の旅に行って来ます。

 
とあるサイトを見ていたら、こんな写真を発見(笑)
http://www.knots.or.jp/rokkou/festa2008/festa.htm#undoukai

 
JUGEMテーマ:ペット
| しつけ | 23:16 | comments(3) | - |- pookmark
LESSON掘檻
りんりんころころりんりん、りんりんころころりんりん…
りんりんころころりんりん、りんりんころころりんりん…
りんりんころころりんりん、りんりんころころりんりん…

りんりんころころりんりん、りんり(以下省略)








ええい、やめんかいコラ。







春夏秋冬、我が家ではコオロギの声が聞こえます。
このコオロギさん。
ペットではなく、モニ君のご飯になるべくして養殖されたコオロギさん達です。
モニ君は大食漢なので、40〜50匹買っても、あっ!という間に食べてしまいます。

        30cmに成長したモニ君。
        ただいま反抗期真っ只中。
        ちょっと尖ってます。



そんなわけで、季節感がズレちゃってるHONEY家であります。




ほかにネタがないので、さっさと本題に入っちゃいましょーか。
雨で中止になってしまったので、今日は3週間ぶりにレッスンの日。
もちろん場所は、宝塚GFのドッグラン(鬱)
家を出る前に、T氏からメールが来ました。



「ランに着いたら、そのままランに入って下さい」
「しばらく様子を見たいので、@@さんなりに考えて過ごしてみて下さい」
「リードつきでお願いします」







マジで?






なんと残酷なことをおぬかしくさるんですか、T先生。
まるでお題目ナシで作文を命じられた小学生の気分です。
それでもなんでも、とにかく自分の思うようにジェラを試してみたり実験してみたり
テストしてみたり(要するに全部同じやん)
ガツン!とチョークを入れたいところを、アテンション取ってヒールポジションに
誘導してみたり、ダッシュごっこで喜ばせてみたり。
普段の不毛な練習を、そのままやってみただけなんですけどね。

       公園での不毛な練習の一コマ。
       これをランで、リードつきでひたすらやってみました。



20分ぐらいして、遠くから観察していたT氏が登場。
いつもなら「T氏がいるから言うことを聞く」ジェラだったんですが、
「僕は今日、一度も姿を見せませんでしたが、ジェラはこんなにできたじゃないですか」
と言って褒めてくれました。
おっと、もちろんワタシの欠点も激しく厳しく指導してくれました。
そりゃーもう厳しいのなんのって、どこそこにボケどころを作って笑えるぐらいに
厳しく指導し・・・






じゃなくて、ね。 






気がそれたジェラを「ヒール」のコマンドで呼び戻してみる。
ジェラはこっちを見て、ワタシの左定位置につく。
これはこれで正解です。
でも、こうすることがメインにならないように、と言いました。
気がそれて好き勝手する→コマンドがかかる→戻る→褒めるという段取りを踏むと、
定位置に戻るまでの余計な動作が増えるのを強化していることになるかららしい。

       いつかいなくなるT氏。
       その時は、飼い主の応用力だけが頼り。



どうすることが一番好ましいの?
どうしたらそのような状態がキープできるの?
キープするために大事なことは?

これからは飼い主のワタシが自分で考えて、応用が利くように指導していくそうです。
それに伴って、今まで手取り足取り指導していたものがなくなるらしい。
「それ、自分で考えてご自由にどうぞ。あとで採点しますから」てな具合。
いつ、どの時点で、どんな方法でジェラに対応するのか、もっと考えないといけなく
なります。
「@@さんの脳みそのシワを増やしましょう」とT氏は言いました。
当然、いつものように







笑顔で。
  







だから何で笑顔で言うんですか、

T先生。
 
   






T氏は、ワタシの不毛な練習は無駄ではないと言いました。
このまま突っ走って行け、と。
これからは、ひたすらチャレンジ、チャレンジ、チャレンジ、だそうです。
ワンコ遊びもランも、ガンガン行っていいそうです。
ワンコ遊びもランも、いよいよ解禁です。








ホンマかいな。






好ましい態度を維持して欲しい場所や状況を作り、沢山の刺激にどんどんさらしていって
慣れさせるということが、今後のジェラの課題に決まりました。

       有馬富士で少しだけ見た、ジェラの変化。
       何か今までと違うよーな?
       良い兆候だと思うので、伸ばしていきたいです。




       帰宅後、なぜかテレビ台と格闘するジェラ。
       レッスンの後、ランで遊べなかったので
       八つ当たりしてるのかも?




今日ランに着いたら、T氏が後ろから声をかけてきました。
別の生徒さんの授業が、このランであったそうです。
ミョーにニコニコしながら、テンションの低いワタシを励ましてくれました。
レッスンのある日はいつもテンション低いです、ワタシ。
もうすっかりネガチブ思考になってますから。
復習したけど、成果が出てなかったらどうしよう?とか、ね。

レッスンの最中も、何かと早く終わらせようとお茶を濁し、時間を稼ぎ…のワタシ。
ランでの自由課題的レッスン、憂鬱です。
どうしていいのか分かんないし、それでいて見られてるわけだし。
そんなワタシにT氏は言いました。






「これからは、ずっとランで

レッスンしますから(笑顔)」


        
JUGEMテーマ:ペット
| しつけ | 22:00 | comments(0) | - |- pookmark

RECOMMEND
☆プロフィール☆
 
★ジュネ
2006・1・19〜2006・6・6
女の子
チョコレート×ホワイト
人間大好き、得意技は「Come!」
★アンジェラ
2006・6・19生まれ
女の子
ブルー×ホワイト
やたらハイテンションなハイパー
ブルーボー。
得意技は「グルグル!」
 

★HONEY
あれこれと趣味を増やし、時間もお金もないと嘆く不毛な飼い主。
・飼い主の格言
「名犬は1日にして成らず」
☆コマーシャル☆
2009/10/25毛皮反対デモ行進 参加者募集!!!     
☆ジェラの天気予想☆

-天気予報コム-
☆ジェラのボーダーコリーランキング
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
☆この一曲☆
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS